ふるさと納税 ワンストップ特例申請してみました。


こんにちは、かぱこです。

ふるさと納税を今年初めて経験し4つの自治体へ納税致しました。

次のステップはワンストップ特例の申請です。

ワンストップ特例申請を行う事により、確定申告を行う必要がありません。
(ただし、1年間で5自治体まで)

ワンストップ申請書については、自分で準備して郵送する場合と、自治体から申請書が郵送されてくる場合とあります。
 
私の場合は納税した際に受け取ったメールから印刷して申請致しました。

※画面イメージを掲載していたのですが、禁止されているようなので削除致しております。
私の認識不足です。 参考にならず申し訳ありません。

本人確認書類を準備

ワンストップ特例申請用の申請用紙とマイナンバーおよび本人確認書類の写しが必要です。
 
ちなみに、マイナンバーカードを持っている方はスムーズに準備できそうですよ。
私はマイナンバーカードがないので、運転免許証のコピーを送ることとします。

・マイナンバーカードの写し(両面)
または
・番号通知カード写しまたは住民票の写し と
 運転免許証もしくはパスポートの写し
または
・番号通知カード写しもしくは住民票写し と
 健康保険証および年金手帳など提出先自治体が認める公的書類2点以上の写し

 

申請書は翌年の1月10日必着です。
万が一、記入不備があると大変なので、早目の郵送がおすすめです。

せっかくふるさと納税をするのなら、翌年の住民税が控除されるようワンストップ特例申請をしましょう。

人気ランキングに参加しております。
良ければポチお願い致します♪


人気ブログランキング


にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です