ふるさと納税 12月上旬までに初挑戦!


こんにちは、かぱこです。

2016年から興味があったのに何もせず今に至る

ふるさと納税

皆さんはふるさと納税されていますか?

私はブログを始めたのをきっかけにお金のありかたを考え直しています。

お金の使い方・使い道が誰かの助けになるなら嬉しいので、ふるさと納税に挑戦してみようと思います。

まだ知識が不足しているので、納税をした後にわかる範囲で記事をアップしていきますね。

ふるさと納税について

ふるさと納税をすると、翌年度分の住民税の減額になります。

納税しつつ、応援したい地方自治体へ寄付できます。

昨年からいろんなサイトを見ていますが、美味しそうな返礼品がある地域もあります。

ランキングもよくみかけますね。

困っている人や動物を助ける事を目的とした地域もあります。

また、自然災害によって大きな被害を受けた地域を応援する事も出来る地域もあります。

考え方は人それぞれですよね。

私は生れ故郷を大切にしたい気持ちがあるのと、応援したい地方自治体に納税したい。

そう思っています。

 

2017年のふるさと納税申込期限

ふるさと納税をすると翌年分の住民税控除が受けられます。

そのためには、自治体にもよりますが12月末までにふるさと納税をしなくてはいけません。

自治体によっては12月上旬で締め切る場合もあるそうです。

私は11月中に終わらせようと、自分に言い聞かせる為に書いています。

ふるさと納税 ワンストップ特例で確定申告不要

ふるさと納税をすると、企業で働いている方は確定申告をしなくてはいけません。

しかし、ワンストップ特例を利用すると、ふるさと納税後の手続きが簡素化されます。

上限は5つの自治体までとなっています。

こちらも手続きにはワンストップ特例申請書や本人確認書類を寄付先に送る必要があり、締め切りが1/10必着となっています。

ですから、12月下旬に納税すると書類提出に間に合わない可能性がありますね。

間に合わなければ、自分で確定申告を行うと大丈夫です。

ふるさと納税はクレジットカードでの支払いができるようなので、JALカードで納税してマイルも貯めようと思っています。

お金の使われ方を自分で選んで納税できる、ふるさと納税。

住民税控除については来年自分の体験をもとにもっと理解できて行くんだろうと思います。

納税しましたら、またアップしますね。

この土日で、たくさん調べて応援したい地方自治体を探してみようと思います。

人気ランキングに参加しております。
良ければポチお願い致します♪


人気ブログランキング


にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です