2017年9月道東旅行 その3 釧路名物ザンタレと阿寒湖宿泊


こんにちは、かぱこです。

北海道の東側、道東方面へ旅行へ行ってきましたので、おすすめポイントや楽しみ方を
書いていきたいと思います。
前回の厚岸編の続きになります。

※時期は9月下旬で、移動は車での移動をいたしました。

釧路名物 ザンタレ

前回の厚岸漁協直売店から宿泊地の阿寒を目指します。

その前に釧路町でザンタレを食べます!!

厚岸漁協直売所から釧路町まで
距離は約46km
所要時間は約1時間半です。

(距離・時間はすべてMapfanで調べています)

ちなみに
釧路駅から釧路町のお店まで
距離は約10km
所要時間は約20分です。

お店
南蛮酊(なんばんてい)

住所
北海道釧路郡釧路町遠矢1-39

営業時間
11:00~21:00

定休日
月曜・第1、第3火曜日

となっていますが、2017年9月の情報なので行く前に確認をお勧めします。

ザンタレとは?

北海道では鳥のから揚げのことを「ザンギ」といいます。

小さいころからザンギと言っています。

それにタレがかかったものを「ザンタレ」といいます。

釧路のご当地グルメです。

↓こちら、お店の看板です。秋晴れで良い天気でした。
駐車場は車が6台ほど停められます。

↓お店の外観です。

↓メニューです、
美味しそうな洋食がズラリ!
迷わず釧路名物ザンタレを注文します。
ザンタレ定食とザンタレハーフを単品でお願いします!

↓来ました!ザンタレ定食。
ザンギが山のように盛られています!
すっごい量です。
そしてタレが掛かっていていい香りがします。
一口では入りきらないお肉をパクリ。
もぐもぐもぐ  もぐもぐもぐ
ジューシーでタレとの相性抜群。
美味しいです!

↓こちらは、私が頼んだザンタレハーフ単品。
ハーフでこの量です。
ザンギが7切れ(大きい)です。
インパクト大!です。
私は4切れ食べるのがやっと。
食べきれないと思って、ザンタレハーフ単品にしましたが、それでもきつかったです。
残ったザンギは容器代サービスでお持ち帰りにして頂きました。
お店に感謝です。

↓ザンタレとザンタレハーフを比較しました。
ボリューム満点すぎです。圧巻のお肉の量です。
これでも昔よりも量が減ったとの噂を聞きます。
どんだけ多かったんでしょうね?!

大満腹です!
ごちそうさまでした。
そして、お土産にザンギをゲットです。
容器代無料、本当にありがとうございました。

道の駅 阿寒丹頂の里へ寄り道

釧路町から阿寒湖へ向かう途中、道の駅で休憩です。

のどかな景色、建物も落ち着きのある建物です。

私たちは丹頂を見られませんでしたが、丹頂の里という事は季節によってはお目に掛れるのでしょうか。

気になりながら次の目的地 阿寒湖へ走ります。

阿寒湖温泉 民宿 桐さんに宿泊

宿泊費はできるだけお安く済ませてグルメやお土産に費用をかけたい私です。

今回は、素泊まりの温泉付きに心を惹かれ宿泊先を決めました。

お値段もリーズナブルという事で初訪問です。

宿泊した個人的な感想はリピート間違いなし!です。
さすが楽天トラベルの評価が4.26だけあります。

このお値段で温泉付きは満足度高すぎでした。

お宿
阿寒湖温泉 民宿 桐さん

住所
北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-3-26

プラン
素泊まり

料金について
お支払い合計(二人分)
2,680円(税・入湯税込)

※1人3,240円のプランでした。

3,240円×2人=6,480円

ここで楽天ポイントを4,100円使用しました。

当日、入湯税のお支払いを含めると。

合計2,680円となりました。

なんとお安いんでしょう。

楽天ポイントありがたいです。

阿寒湖温泉 民宿 桐さんの情報はこちらから

↓こちら外観です。
阿寒湖温泉のお土産屋さんが連なっている中にあります。
徒歩1~2分の場所にローソンとセイコーマートがあります。
真向かいには鶴雅さん。立地抜群です。

お宿の玄関はお土産さんの中になります。
駐車場については、お土産屋さんに入ってお願いすると場所を案内してくださいます。
御主人が駐車場まで行って待っててくれます。優しい気遣いにほっこりです。

↓お部屋は和室6畳です。素泊まりですから充分です。

↓テレビにポット、お茶もあります。

↓冷蔵庫・浴衣・タオル一式あります。
お布団は自分で敷きます。

↓こちら廊下です。
全部で10部屋くらいあったと思います。

↓男風呂・女風呂24時間入浴可能
シャワーは一つ。
中から鍵がかけられます。
ということで、一人で温泉に入れるのです!
他の宿泊者の方に迷惑がかからない程度にゆったりできました。

↓こちら女風呂です。
温泉成分で変色していますが、熱めのお湯でとても気持ちが良かったです。
源泉かけ流しで、とっても温まります。
温泉って体ぽかぽかになりますよね。
大浴場もいいですが、こういった一人で温泉独り占めも贅沢な時間です。
お風呂にはシャンプー・コンディショナー・ボディーソープが用意されています。
助かりますね。

↓こちら共同トイレです。
男性用・女性用1つずつです。
特に困る事はありませんでした。

↓こちら共同洗面所です。

↓ドライヤーが置いてあります。
持参する必要なしでありがたいですね。

↓こちら窓からの景色です。
真向かいに鶴雅さんなので、道に迷うこともないですね。

↓周辺散策中、気になるマンホール発見!
鶴が印象的です。

↓民宿から徒歩3分くらいで阿寒湖到着。とても近いです。
昼間には観光船があるようですね。

↓料金表や時刻表看板がありました。

↓まりもの阿寒湖到着です。
夕暮れ時で幻想的な風景でした。
雄阿寒岳(おあかんだけ)と阿寒湖のキレイな景色に感動です。

↓紅葉と雄阿寒岳と湖をパチリ。

↓おしゃれな野良ネコちゃんなのか飼い猫なのか?
のびのびお散歩していました。かわいい。

↓お土産屋さんの近くでもキレイな紅葉が。
季節を感じられる旅行っていいですね。

↓本日の晩ご飯です。
なんとお宿から缶ビール2本がサービスで頂けるプランでした。
とても得した気分です。
枝豆は厚岸のスーパーで冷凍枝豆を購入。
手前のお肉は、釧路町南蛮酊のザンタレお持ち帰り分です。

↓翌朝、車に乗って気が付きましたが、すぐ近くにアイヌコタンがありました。
観光したい方は、徒歩で十分に行く事ができます。
お宿から2~3分ってとこです。

↓ふくろうさんがお出迎えです。

↓綺麗に彫られていますね。
伝統って素晴らしいです。

↓こちら民宿 桐さんでお土産を売っているのですが、ガイドブックなどでも紹介されている『熊ボッコ(大サイズ)』ちゃん。
木の年輪が熊さんの模様になっているので、十数体の熊ボッコちゃんからこの子を選ぶのに時間かかりました。
おなじ模様がひとつもない、熊ボッコちゃん。

まずは正面ぱちり。

↓真横から見ると、年輪がはっきりわかりますね。
この熊ボッコちゃんは年輪の幅が狭いんですが、年輪の幅が広い熊ボッコちゃんもいましたよ。

↓後ろ姿です。哀愁ありますよね?

↓こちらも横から見た熊ボッコちゃんです。

↓ななめから見てもかわいい熊ボッコちゃん。癒されます。

↓このキノコも心がほっこりして買ってしまいました。

普段お土産を買わない私ですが、民宿の御主人と奥様の人柄に心が温かくなりまして。

この癒し系の熊ボッコちゃんに心を奪われました。

宿泊者限定割引があったので、合計2,300円位でした。

民宿 桐さんのお土産は楽天からも購入できるようですね。
下記リンクを貼っておきますね。

熊ボッコちゃんは楽天から購入できます。

今までの旅行では大きなホテルも泊まってきましたが、民宿の温かみを再認識しました。
民宿 桐さんありがとうございました。
阿寒湖周辺へ行く時は必ず宿泊させて頂きたいお宿でした。

厚岸の
≪釧路町 南蛮酊のザンタレ≫で食事し、
≪阿寒湖温泉 民宿 桐さん宿泊≫で温泉に癒され
珍しくお土産 熊ボッコ&キノコを購入した私。

次は帯広方面へ向かいます。

続く。

人気ランキングに参加しております。
良ければポチお願い致します♪


人気ブログランキング


にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です